北本でつらい症状にお悩みなら完全無痛の最新技術を持つさくら接骨院吉見院へ

さくら接骨院吉見院


症例別の説明

シンスプリント

代表的なスポーツ傷害のひとつです。練習量が急激に増える中学生・高校生の1年生時競技・ポジションを変えて間もなくの頃などに発症しやすく、脛の辺りやふくらはぎの辺りに痛みが出やすいのも特徴です。捻挫などで...

続きを見る

オスグット・シュラッター病

「成長痛」の一種で、膝下の部分が妙に出っ張ることで有名ですね。ただ、これは出っ張っている骨自体が問題ではなく、筋肉と腱の連携の悪さふとももの前後の筋肉の柔軟性の悪さが引き金となり、ふともも前面の筋肉で...

続きを見る

変形性膝関節症、膝痛

女性に多く膝関節の変形がみられますが、これは骨の量が低下したせいではなく、膝周辺の筋肉の機能低下により膝関節を守ろうとして逆に、部分的に骨の量が増加してしまっているせいなのです。痛みも骨自体から出るこ...

続きを見る

変形性股関節症

中年女性に多くみられますが、幼少期に「先天性股関節脱臼」の既往がある方歩行器などで股関節がしっかりする前に歩き出してしまった方など、もともと素因がある方に起こりやすい疾患です。 名前の通り股...

続きを見る

腰部脊柱管狭窄症

下肢の痛みやシビレ、筋力低下が起きますが、腰痛を伴わないこともあります。主に年齢による変性が元で腰~下肢の神経が圧迫されることで発症するものですが、高齢者以外でも「椎間板ヘルニア」や「すべり症」によっ...

続きを見る

坐骨神経痛

これは坐骨神経痛単体で起こるという疾患よりは腰痛症などに伴って合併して起こる症状の一つであると言えます。坐骨神経と呼ばれる神経の走行上に痛み・シビレが出てきます。症状の度合いによって痛む箇所、シビレの...

続きを見る

腰痛症

一口に腰が痛いと言っても様々なタイプがあります。ここでは、代表的なタイプとして腰の反り具合による分類を挙げてみましょう。これは座った姿勢での痛み方によって2通りに分けられます。それは、「腰を膝より」高...

続きを見る

頚椎椎間板ヘルニア

まず、頚椎椎間板ヘルニアとは?というところから。 頚椎を支えるべき筋肉が疲れで機能が弱くなってくると、頚椎にもたれかかって逆に圧迫してしまいます。これによって頚椎の間の軟骨(椎間板)が飛び出...

続きを見る

頚部症候群

単純に「肩こり」ではなく、肩から頚にかけての痛みを伴いながら、さらに頚の動きに制限が加わっている状態です。頚自体の問題というよりは肩・腕を使いすぎたとき、特にパソコン作業で姿勢が悪いまま肉体的ストレス...

続きを見る

さくら接骨院吉見院のご案内

住      所:
〒 355-0133 埼玉県比企郡吉見町江和井497-2 
アクセス:
JR北本駅より車で約10分、東武東上線東松山駅より車で20分、町内循環バス(日に4本)バス停目の前
お問い合わせ・ご予約
0493-81-5063
受付時間:
月~金曜日:9:00~12:30 15:00~19:30
土曜日:9:00~14:00
定休日:
日曜日・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ